モデルハウス見学会予約
スタッフブログ
来年はおさる年!
2015年12月15日

こんにちは、平川です

もう12月も半ばになりましたね

先日の天気予報で、今年のお正月は例年より暖かく過ごしやすいでしょう

と話されておられました

さらにお天気もいいといいですね

さて、思えば来年は申(さる)年ですね

すぐ検索しちゃう私は、早速調べてみました

 

 申年の由来

十二支の9番目の干支が「申」です。

干支の十二支はかつて中国で農業を行う際に暦として使われていた農業用語で、農作物の成長過程を12段階で表す意味を持ち、カレンダーとしての役割を果たしていました。
その十二支が江戸時代に日本に言い伝えられ、一般庶民でも分かりやすいよう十二支に動物が当てはめられ、そこから十二支が広がったと言われています。

申年の申は本来「しん」と読み、「のびる」や「もうす」という意味があります。
申は「雷」の原字であり「稲妻」を表した象形文字で、神の技という意味もあります。

干支の申は猿とは関係のないものでしたが、申には動物の猿が割り当てられることとなりました。
申には病や厄が「去る」と云われもあり縁起の良いものとして神社なので祭られるなどしています。

又、サルとイヌは仲が悪いから鳥が間に入ったという話も言い伝えられていたりと面白い逸話もあります。

そして、元々ははチベット仏教から来た話のようですが、各地で様々な謂れのある「申年に赤い下着を贈ると病が治る」や「申年に贈られた下着を身に着けると元気になる」などの言い伝えが日本各地に伝わっているのだそう。

申年のプレゼントは赤い下着?理由も合わせて伝えたい面白い風習ですね。

 

深い意味があり、干支にお猿さんが選ばれたのですね~

申年といえば、「赤いパンツ」しか思い付かなかった私は恥ずかし~(笑)

おや?こんなとこにもお猿さんがいましたね~

 

DSC_0778

DSC_0777

 

でもまだ名前がないんです

みんなで「アイアイざる?」などと話していましたが、なかなかいい名前が浮かばない

せっかく来年は申年、アイアイハウスの年になるようお猿さんに名前をつけて上げようと考えております

 

今年もあと少しですが、モデルハウス広瀬は元気に営業中です

 

鹿児島・霧島で新築住宅・注文住宅・中古住宅・マンション・建売をお考えの方は、超ローコスト住宅専門店のアイアイハウスへ

 

 

モデルハウス見学会予約